top of page
  • 執筆者の写真Den Chan

瞑想と宇宙意識

更新日:2023年4月3日

古代中国では、宇宙は大きな生き物と捉えていました。故に宇宙には意識があると考えられていたのです。


瞑想を長年やっていると自分の意識と宇宙の意識が一体になるのを感じるはずです。人間には表層意識と深層意識があります。普段、起きている時は表層意識が働くため、自分の深層意識に何があるか分かりません。睡ると表層意識が働かなくなるため、深層意識の中の物が夢として現れます。瞑想をして頭を空にする事が出来る様になると、起きている時も表層意識を休ませ、自分の深層意識の中を認識出来る様になります。更に瞑想の修行を続け、深層意識までも空に出来る様になると宇宙意識を自分で認識出来る様になります。


瞑想をする人は普段の日常生活でもマインドフルでいると、色々な現象が起こります。そう言う現象を淡々と捉えていると、やがて悟りの境地に達っします。


悟りはある時突然開く事もあれば、徐々に開いていく事もあります。宇宙からのメッセージに注意しているといつかは悟りが開けます。

閲覧数:56回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page